韋駄天クラブ
海外に住む日本人オフロードバイク乗りのサポートサイト 「韋駄天クラブ」by 羽田直樹


メンテナンスの技

バイクメンテナンスに関する技です。技とは、習い、教え、そして盗むもの。いいのがあったら、教えてください。 各自の責任においてやってください。

オイル漏れに猫の砂

オイルをこぼしてしまったら、コンクリートの床などだと汚くなってしまいます。 オイルを吸収する砂などがパーツ屋さんなどに売っていますが、結構割高です。 そんなに量を使うものではないので、しょうがないのかもしれませんが、猫のトイレに入れる砂も同じ物だそうです。 猫の砂のほうが全然安いです。 ただし、これは聞いた話なので、ホントに同じ物かどうかはわかりません。 でも、ガレージがあったら、用意しておいてもいいですよね。

キャメルバックの水筒にタイラップ

hose キャメルバックは暑い日の遠出には必需品ともいえるのですが、水筒のチューブがぶらぶらしているせいもあって、木の枝などにひっかけて先の部分をなくしてしまうことがあります。 そうすると水はだーだー漏れて自分はびしょ濡れになるし、その後水は飲めなくなるし、パーツは高い ($6ぐらい)でいいこと無しで、すごく悲しくなります。 そんなふうにならないように、チューブと口で噛む部分をタイラップで縛っておくといいです。 まぁ、接着剤でくっつけてしまっても、セーフティワイヤーで縛ってもいいのですけどね。

ハンドルグリップには糊を使わず、セーフティワイヤー

ダートバイクでは、ハンドル交換することもちょくちょくあります。 その時には、ハンドルグリップも交換することになるのですが、グリップをラバーセメントなどでくっつけてあると取るのが結構大変になります。 ニッパーで切ったりすると、再利用は出来なくなります。 糊を使わず、セーフティーワイヤーを使って3個所ぐらいで固定する方が、簡単に外せてグリップも再利用できます。 セーフティーワイヤーの代わりにタイラップを使うことも出来るのですが、タイラップはロックする部分が残り、その部分を握ると手が痛くなります。

Fフォークからオイルが漏れたとき

ダートバイクで泥水の中を走ったりすると、よくFフォークからオイルが漏れてくることがあります。 モトクロッサーの倒立フォークはなおさらです。 そんなときにはふつう、フォークシールの交換になるのですが、その前に試したいのが「名刺でクリーンナップ」です。 ダストシールを外し、フォークシールとインナーチューブに間にいらなくなった名刺を角からぶっさして、一周させます。 2,3回繰り返すと、フォークシールとインナーチューブの間に詰まった汚れがとれてオイル漏れが止まることがあります。 止まればラッキー、止まらずひどくなったりしたら、あきらめてフォークシールを交換しましょう。 名刺でフォークシールを痛めてしまっても、どうせフォークシールの交換なので試してみる価値ありだと思います。 私はかれこれ3,4回はこれで直しました。

タイヤ交換にどつきハンマー

タイヤ交換時にもう少しでリムに入るのになかなか入らないとかで、歯がゆい思いをしたことがありませんか? その時に便利なのがラバーハンマーです。私は片方がプラスチックで片方がラバーのをつかっています。 もうちょい、というところで、この「どつき」の登場です。 ハンマーでどつくとすんなり入ってくれます。

チェーンのクリーンナップ

私はストリートの方は WD-40 を使ってチェーンの外側だけを拭いています。 ダートバイクのほうは、ドロドロになっていることがよくあるので、 WD-40 で流し洗いしてペーパータオルでふき取りチェーンオイルとつけることが多いです。 私は両方Oリングのチェーンなのですが、ダートバイク仲間にはレース用のOリングなしのチェーンの人も結構います。 その技のひとつが「キャブクリーナーで洗う」です。 Oリングのような痛むものがないので、気にせず吹流して、水で洗い流すそうです。 一発でピカピカになるそうです。 Oリングのチェーンには止めておいた方がよさそうです。

寿司職人のメンテにたいするこだわり

バイク仲間にはなぜか寿司職人の人が多いです。コンピュータ関連のエンジニアも多いのですけど。 手を清潔にしていなればならない寿司職人の人にとって、オイルやグリースなどで手の汚れやすいバイクのメンテナンスは気の使うもののようです。 そのなかでのひとつのこだわりが、「週末には爪を伸ばしておく」のだそうです。 メンテナンスで爪の間に汚れが入ってしまっても、爪を切れば汚れは取れるからだそうです。 でも短い爪の状態で汚れが入ってしまうと、なかなかとれないで大変だそうです。 


http://riders.hada.org
海外に住む日本人オフロードバイク乗りのサポートサイト 「韋駄天クラブ」by 羽田直樹
Caffeine boosted by HadaSeicha.com
糖鎖で元気!
Copyright 2001-2006 Naoki Hada All rights reserved.
Hosted on HADA

Last updated at